小児のCOVID−19について

 

小児の新型コロナウイルス感染症(COVID−19)の特徴

1、 小児は成人に比べ感染しにくい可能性が示唆されている。

2、 COVID−19患者全体の中で小児の占める割合は少ない。
  (ただし、感染の拡大に伴いその割合は増えて来ている)

3、 小児COVID−19の感染経路は家族内感染が多い。
  (小児が発端者となることは稀である)

4、 保育所や幼稚園・学校でのクラスターも起こってはいるが、今のところ社会全体からみると多くはない。

5、 感染しても無症状〜軽傷が多く、死亡例は稀である。

 

今のところ症状で小児のCOVID−19を診断することは不可能(通常の風邪症状と区別できない)であり、COVID−19を疑われる人との接触歴(2週間以内)があるかが重要な点となります。

COVID−19を疑われる人との接触歴(2週間以内)がある場合には、来院する前に電話でお知らせ下さい。

海外のデータになりますが、5歳未満の新型コロナ肺炎の推定致命率は0.15-1.35%で、RSウイルス肺炎の推定致命率0.3-2.1%より低くインフルエンザ肺炎の推定致命率0.14-0.45%より高いとされています。肺炎球菌ワクチンやHibワクチンの対象疾患である侵襲性肺炎球菌感染症と侵襲性Hib感染症の致命率はそれぞれ5.6%、4.56%です。予防接種の多くは小児にとってCOVID−19よりも重症で致命的な感染症から子どもを守っているので、COVID−19を怖がって予防接種の機会を逃すことのないようにしてください。

 

Copyright (C) 2020 UEHARA Childeren's Clinic. All Rights Reserved.